ムダ毛処理

ハイジニーナ脱毛(VIOライン脱毛)を勧める訳とは

ハイジーナ脱毛というのをご存知ですか?ハイジーナとは英語のhygieneから来ていて、衛生や清
潔という意味ですが、アンダーヘア(特に女性の)を脱毛することです。
VIOラインとは、Vラインがビキニライン、Iラインは陰部周辺、Oラインが肛門部周辺を意味して
います。
日本ではまだまだ抵抗があるようですが、海外のセレブに大人気なことから、日本でも芸能人や
有名人がこの脱毛を始めているようで、おしゃれに敏感な人達に人気急上昇中の脱毛です。
アンダーヘアを自分で処理するのは大変ですし、ばい菌が入ったり化膿したりと非常に危険です
のでサロンでの脱毛が安心です。
ハイジーナ脱毛をすると水着など肌の露出の多い格好でも安心なことはもちろん、おしゃれ以外
にも女性なら夏場に限らず悩みの元になる生理中の蒸れやかぶれを防いだり、雑菌の繁殖を防ぐ
効果もあるため、デリケートゾーンをより衛生的に保つのに非常に効果的です。

 

ハイジニーナ脱毛(VIOライン脱毛)は回数がかかる?

ハイジーナ脱毛とはアンダーヘアの脱毛のことで、する人が増加中です。
光脱毛でハイジーナの脱毛をするとき、脱毛が完了するまでにどれくらいの回数がかかるのか、知
りたい方も多いと思います、実はVIOラインの脱毛完了までの回数は、とても個人差が大きいので、
ずばり何回とは残念ながら言うことが難しいんです。いわゆる陰毛というのは、毛根が深かったり、
毛質が太かったり、密集度が高かったりすることが多いんですが、反面デリケートな部分であり痛
みも感じやすい部分でもあるので、照射する光の出力をそもそもあまり強く出来ないという問題も
あります。
一般的に腕やワキなどの他の部位よりも脱毛完了に回数がかかるのは事実のようです、6回の施術
が1セットというサロンが多いようです、つまり最低でも6回はかかるということですが、実際に
は6回では仕上がりに満足いかない方が多いようで、平均的には9回〜12回といったところのよう
です。

Oライン脱毛とは

Oラインとは肛門周辺を意味し、Oライン脱毛とは肛門周辺の脱毛をすることです。
そんな場所の脱毛なんて必要ないという方もいらっしゃるかもしれませんが、海外のセレブ達には
人気の脱毛である事などの影響もありアンダーヘアのお手入れの一環としてOライン脱毛をしたい
という人が増えています。
脱毛を希望する理由としては、水着や下着からのはみ出しが気になるという人や、処理していない
ムダ毛を恋人に見られたら恥ずかしいなどが多いようですが、便をした後の洗浄が楽だったり、雑
菌の繁殖を防げ、ニオイも減らすことが出来るなど、肛門周辺を清潔に保ちやすくなるため、衛生
面からもメリットがとても多いことも脱毛希望者の増加を呼んでいるようです。
他人に施術してもらうのは恥ずかしい部分ではありますが、サロンでの脱毛がオススメです。自己
処理は不可能に近いうえにデリケートな場所でもありますので、プロにお任せした方が安心です。

Iライン脱毛とは

Iラインとは陰部周辺を意味し、つまりIライン脱毛とは陰部周辺の脱毛ということです。
アンダーラインのお手入れというと、ビキニラインのみという方も多いかも知れませんが、Iラ
イン脱毛をする人が増加中です、しかしデリケートな部分ですので自分での処理には限界もあり
ばい菌が入ったりすると危険でもあるので、サロンでの脱毛をオススメします。
Iラインの脱毛は光脱毛を中心に、一部脱毛ワックスを使用するなどして行うのが一般的です。
Iラインを脱毛すると、下着や水着からムダ毛がはみ出す心配が無くなるのはもちろん、デリケー
トゾーンの雑菌の繁殖を防ぎ、生理中やそれ以外の時でも蒸れやかぶれも防げますし、当然ニオ
イの低減にも繋がり、衛生的にも非常に効果的です。
まだまだ抵抗感を持つ方も多いようですが、おしゃれのみならず衛生的にも効果が大きいことから
Iライン脱毛を希望する人が増えているようです。

口の周りの脱毛について

顔、特に鼻の下というか上唇の上の部分というか、口の周りのムダ毛にお悩みの方は多いのでは
ないでしょうか。まさのヒゲという濃さで生えてしまっているのはもちろん、ウブ毛程度のもの
でも気になるものですよね、カミソリで剃るとどんどん濃くなると言われているし、かといって
お手入れしない訳にもいきません、日本人はウブ毛でも黒いからどうしても目立っちゃうんです
よね。自己処理を繰り返していると、お肌の負担も大きくなり悪循環です。
そこで脱毛サロンで口の周りの脱毛をしてしまえば、こまめな自己処理の手間もなく肌への負担
もグンと減ります。口周りの脱毛はデリケートな部位でもあり、ウブ毛の脱毛は難易度が高いた
め、受け付けしていないサロンもあるようですが、お手軽な料金で施術してくれるサロンもある
ので、無料のカウンセリングを利用するなどして、自分に合ったサロンを探して口周りのムダ毛
の悩みを解消しましょう。

顔の産毛とお化粧のノリのこと

顔にウブ毛が生えていると、顔色がくすんで見えたりファンデーションのノリが悪くなったりし
ます、白人はウブ毛も金色で目立ちませんが、ほとんどの日本人はウブ毛も黒く目立ってしまい
ますし、顔色に影を落としてしまいます。。
おでこや頬、口の周辺のウブ毛の処理がしっかりできていると、お化粧のノリも驚くほど良くな
り、化粧崩れもしにくくなります。顔色もくすみが取れて明るくなります。また毛穴が引き締ま
るため、毛穴の黒ずみも目立たなくなります。
自分でこまめな処理をするのは、大変だし面倒という方は脱毛サロンでの顔脱毛がオススメです。
自己処理後の肌荒れもなくなります、カミソリでの処理は肌に負担を掛けますし、大事な顔に傷
をつけてしまっても大変ですしね。
料金もお手頃だったり、ウブ毛にも効果の大きい脱毛機を導入しているサロンや顔の脱毛に力を
入れてるサロンもあるので、よく調べてサロンを選びましょう。

お腹の脱毛について

お腹のムダ毛にお悩みの人は結構多いんです、普段はあまり露出しない場所ではありますが、温
泉に行ったり、水着になったりと人目が気になる場面も意外とありますよね。油断していて恥ず
かしい思いをした事はありませんか。
自己処理をしている人も多いでしょうが、毛抜きで抜いたりするには本数も多く、痛いしポツポ
ツと跡が残ってしまったり、カミソリで剃ったりすると毛が太くなったり、本数が増えたりとい
う心配もあります、お肌の負担も大きく肌荒れの危険もあります。
そんな時は、脱毛サロンで脱毛してみてはいかがでしょう、毛周期に合わせて数回は通う必要が
ありますが、徐々にムダ毛が細く薄くなっていきます、脱毛が完了すれば自己処理していた頃と
は比べ物にならない程、綺麗になるはずです。同時にお肌のケアもしてくれるサロンもあるので、
肌そのものも綺麗になります。
お腹やおへそ周りのムダ毛の悩みは、脱毛サロンですっきり解決しましょう。

脱毛サロンに行く前には・・・

脱毛サロンに行く前にいくつか注意点があります、まず光脱毛をする場合脱毛箇所をシェービ
ングして行く必要があります、1〜2mm程度の長さが最適といわれていますし、前日や当日
にシェービングをしてしまうと肌荒れが心配ですので、2・3日前にシェービングを済ませて
おくのがいいと思います、剃っていかないとサロンによっては別途シェービング代を請求され
たり、施術自体断られる場合もあるので忘れずに処理しましょう。しかし、毛抜きなどを使っ
てムダ毛を抜くことは絶対にしてはいけません、せっかくの脱毛施術がなんの効果もないこと
になってしまいます。
妊娠中や生理中の場合も注意が必要です、胎児への影響が心配されることやホルモンバランス
が乱れているために、通常より痛みを強く感じたり肌トラブルを起こしやすくなったりするた
め、ほとんどのサロンで施術をしてくれません、申告せずにトラブルが起きてしまった場合、
保証の対象外になることが多いので気をつけましょう。

ハイジニーナ脱毛するの恥ずかしいんですが

ハイジニーナ脱毛をやってみたいとは思っているけど、とにかく恥ずかしくて躊躇してしまう、
という話しをよく聞きます。確かに恥ずかしいと思います、しかしこれはしょうがありません、
自己処理はおすすめ出来ませんし、そもそも自分で処理するのは難しい部分です、プロにお任
せした方が安全確実です。
慣れるより他はないということですが、恥ずかしいのは最初だけという声もよく聞きます、た
だ実際に施術をしてくれるエステやクリニックのスタッフはたくさんの女性に施術をしている
訳ですから、なにも気にすることはないんです、こちらがリラックス出来るようにいろいろと
気を使ってくれますし、不必要な部分は見えなくなる専用のショーツを用意してくれるところ
もあります。
思い切って最初の恥ずかしさを越えてしまえば大丈夫だと思います、どうしても恥ずかしくて
ダメだという場合は、まずVラインのみから始めればだいぶ恥ずかしさは少なくなるでしょう。

海外ではハイジニーナ脱毛って常識なの?

日本では人気上昇中とはいえ、まだ認知度の低いハイジニーナ脱毛ですが、海外では常識とい
ってもいいほどたくさんの人がおこなっています。ハリウッドなどのセレブの中にはハイジニ
ーナ脱毛をしていることを公言している人もたくさんいる程で、すでにファッションの一部に
なっています。欧米では体毛が金髪の人は目立ちませんが、日本人のような東アジア系の人種
よりも体毛が濃い人が多いためアンダーヘアの脱毛をする割合が高いようですが、体臭の強さ
も関係しているようです。日本人の感覚以上にアンダーヘアに不潔感を持っている人が多く、
処理率の高さにつながっているようです。
日本人でもデリケートゾーンのムダ毛について悩みをもっている人は予想以上にたくさんいま
すが、手の届く範囲を自己処理しているという人が多いです。
最近は日本でもタレントや有名人でハイジニーナをしている人が増えてきているので、もっと
普及するのも時間の問題かもしれません。